北海道内の空港を活用して道内の国内旅行を便利に楽しむ

北海道内にある空港数

北海道は、九州地方の県や沖縄県同様、本州と陸地で繋がっていない都道府県の一つです。日本国内における面積のうち、2割を占めている道内には、定期便が就航している空港が、12とかなりの数があります。北海道は、札幌市を中心とする道央、函館市がある道南、旭川市のある道北に加え、十勝市や釧路市などがある道東の4地区に分かれています。その4エリア内全てに、主要空港が少なくとも1つの空港が存在しており、それらの空港を活用することで、国内旅行がより楽しめます。

道央地区と道南地区の代表的な空港

道央地区には、道内で最も有名かつ大きな空港として、千歳市と苫小牧市にまたがる、新千歳空港があります。国内線は26空港間との路線を所有、うち5空港が、稚内や函館などの道内の空港です。1日150往復以上運行している日本国内でも大きな空港と言え、特に札幌市や小樽市、室蘭市からのアクセスがしやすい空港となります。道南地区には、函館市にある函館空港が主要空港となります。新千歳などの道内空港を中心とした、国内7空港との路線を有しており、函館市からは車で20分以内の場所にあります。

道北地区と道東地区の代表的な空港

道北地区の場合、旭川市にある旭川空港が主要空港で、国内3空港との路線を有しています。ただし、道内ではなく、羽田空港や関西空港などの道外がメインとなります。旭川市からはバスで40分かかるものの、観光地の富良野市までは1時間と、比較的近いことがメリットです。道東地区は、十勝市にあるとかち帯広空港、釧路市内のたんちょう釧路空港、網走市と隣接する大空町の女満別空港の3つです。いずれも、主要駅から車で25分から35分というアクセス環境にあり、観光地に近い点でも便利です。

バイザポートで検索

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です