岩手県盛岡市に来たら訪れたいおすすめ観光スポット2選

岩手県の中心地・盛岡

盛岡市全国第2位の面積を持つ岩手県。県庁所在地の盛岡市は、3つの川の合流点であり岩手山を始めとした複数の山に囲まれているため、中枢中核都市でありながら自然豊かな景観が特徴的です。盛岡城やレンガ造りの銀行記念館など史跡も多数あり観光地としても人気があります。今回は盛岡市のおすすめ観光スポットを紹介します。

国の史跡に指定されている盛岡城

盛岡市の中心部にの丘陵に築かれた盛岡城は街のシンボルとなっていて、市民憩いの場として親しまれています。特徴はなんといっても石垣。東北の城は土塁で築かれたものが多く、石垣で築かれものは6城しかないのでとても珍ししいのです。また、川を自然の壕として利用した立地、城内や周辺には桜、紅葉を始め藤棚など自然の景観も素晴らしいので四季を通して楽しむことができます。雪まつりや桜祭りなどのイベントも催されていて、無料のロックフェスは7万人もの人が集まり賑わいます。

盛岡のパワースポット・盛岡八幡宮

盛岡城から東へ3km程の場所にある盛岡八幡宮は1680年に建てられ、縁結び、学業、商業など生活の神様が祀られている大社です。境内には本殿を含め12の社の祠が置かれ面積は2万坪と県下一の大きさを誇ります。一年を通して祭事や祭りがあり9月に行われる宵宮は流鏑馬を始め神輿渡などが行われ街全体が大賑わい。初詣には3日間で20万人を超える人が参拝に訪れます。同時期に開催される裸祭りは一年の無病息災を祈願するお参りで、町内の青年20人を1グループにして約100超が裸にさらしを巻き悠然と歩く光景が有名です。

バイザポートで検索

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です